ご予約・お問い合せ TEL:03-5799-6668

予防プログラム

歯周病治療が終われば歯周処置終了と思われがちですが、この時期はまだお口の中が安定しない為、ここからが予防のスタートです。歯周処置が終了したら、予防プログラムへ移行します。予防プログラムは、再発防止・予防ケアです。

予防プログラム(メンテナンス=定期検診)

歯周病の原因は細菌ですが、各個人の歯ブラシの他、食事の生活習慣・遺伝的要素・ストレス・喫煙・全身疾患なども関係しています。

まず、セルフケア(正しい歯ブラシや自己管理)が出来ることが、歯周病の再発防止・予防に大事です。セルフケアでは足りないケアとして、歯科クリニックでの定期検診や専門的なクリーニングやPMTCが必要です。

メンテナンス期間は、各個人で違いますが、約3ヶ月程度です。
口腔内細菌は約4ヶ月で病原性を増加するというデータがあります。
その期間以前に来院・受診されることが望ましいでしょう。

▲トップに戻る

定期検診の内容

歯石除去・ブラッシング指導・などを行います。
必要に応じてX線撮影・プロービング等の診査を行います。
場合によっては虫歯や歯周病の処置を行うこともあります。

これらは、健康保険が使えます。(ただし、定期検診行なうのに3ヶ月以上空けないと使えません。)

▲トップに戻る

クリーニングの内容

クリーニング(ステインクリーニング)は、ステイン(着色)を落とす(=着色除去だけで、
磨きをかけない)処置です。
また、PMTCは、歯を磨きあげ、汚れを付かないようにする、歯周病予防処置になります。
PMTCは予防効果としては最高に良い方法です。
クリーニングPMTCおよびフッ素塗布は予防処置となり、病名がつかない為、健康保険が
使えません、自費治療となります。

▲トップに戻る

ステインクリーニング(Stain Cleaning)

保険のクリーニングで落とす事が出来ないステイン(タバコのニコチンやタール・コーヒー・
お茶・ワイン等による歯の着色・汚れなど)をクリーニングする方法です。


ステインクリーニングの順序

  1. 研磨剤を吹き付け、ブラシを併用して歯の着色・汚れをクリーニングする方法です。

磨きの処置が無く、フッ素やカルシウム成分のコーティングも無しの為、時間が経つと着色・汚れなどが入り込んでしまいます。

ステインクリーニングには、PMTCのような歯周病・虫歯予防効果はありません。
あくまでも着色を除去するためのものです。

健康保険は使えません。

▲トップに戻る

歯周ポケットの測定とは

ポケットプローブと呼ばれる器具で1歯ずつ歯周ポケットの深さ・根面の歯石の付着状態をチェックします。

同時に歯肉の腫れ・出血の有無をチェックします。
歯肉の炎症や骨の吸収により、通常1~3mmのポケットが4mm以上に深くなっていると、歯根面の粗造、歯肉の出血が多くなります。

これらにより、プラークや歯石の存在と歯周病の重篤度の把握ができます。
初心時、治癒の途中や終了時、メンテナンス時に行い、歯周病の経過を観察できます。

▲トップに戻る

歯周病治療の相談

歯周病について 監修:すみとも歯科クリニック(世田谷区世田谷・上町駅の歯科医院)