ご予約・お問い合せ TEL:03-5799-6668

再発を予防するには

カビ菌は口腔内常在菌といって、お口の中に必ず住み着いている菌です。徹底的にやっつけても、空気中や食べ物や手の指などから再びお口に戻ってきます。全滅させる事は不可能なのです。
ですから、毎日の歯磨きと歯科医院における定期的なプロフェッショナルクリーニングが大切です。

カビ菌が増えすぎると、歯ぐきが腫れるなどの悪い影響が出てきます。
また、カビ菌は歯周病菌の快適なすみかにもなりますので、歯周病菌が再感染しやすくなります。

定期的に歯科医院に通って、歯周病菌が再感染していないか、カビ菌が増えすぎていないか、顕微鏡で確認し、カビ菌が増えすぎないように専用の器具を用いてクリーニングを行う必要があります。

感染経路

生まれた時には人のお口の中には歯周病菌は存在しません。しかし、もともといない歯周病菌がなぜ今お口の中にいるかというと、人からうつされているのです。今も、家族の間でうつしあっている状態にあるかもしれません。回し飲みや回し食い、箸の使いまわし、キス、くしゃみなどが感染ルートとしてあげられます。菌が再びお口の中に入ってくると、お口の中で定着して歯周病を発症する可能性が出てくるという事になります。

義歯

義歯を使っている方は、義歯にもかなりカビが付きます。義歯の清掃も、これから非常に重要になってきます。

虫歯

カビは歯周病にタバコだけ関与しているわけではありません。カビはお口の中で酸を出すことがわかってきていますので、その周りに歯があれば歯を溶かし、虫歯を作ってしまうのです 。

タバコ

今回使う薬は白血球が運んでくれる薬なので、たばこを吸うと歯ぐきの血管が収縮し、白血球が減少し、薬の効きが悪くなります。また、タバコは歯周病になりやすく、歯周病が治りにくい事がわかっています。

▲トップに戻る

かかりつけ歯科医院を持ちましょう

一般に歯周病は進行が非常にゆっくりしていること、初期の段階ではほとんど自覚症状がないことなどから、気づかない間にどんどん悪くなっていきます。ですから痛くなってからは歯医者さんに行くのでは遅いのです。早期発見、早期治療のためには、痛くなくても自覚症状がなくても歯医者さんに行って唾液検査等を受けて科学的な予防処置を行ってもらったり、自分では気がつかなかった歯周病を発見してもらうことです。だからこそ、定期健診が必要なのです。

歯周病は生きている限りつきまとう病気です。また、歯周病は再発しやすい病気なので、治療が一通り終わったからといって口の中のケアをおろそかにはできません。定期的に歯科医院に行き、毎日の歯磨きでは取り残してしまったプラークや歯石をとり、きちんとした歯磨きができているかとうかチェックしてもらいましょう。

歯周病は治療より予防することが大事なのです。今からおよそ200年ほど前、天然痘を撲滅したジェンナーも「予防に勝る治療法はない」と言っていました。歯周病をむやみに恐れることはありません。原因はプラークと歯石ですから、これを取り除いていれは怖いことはないのです。

▲ページのTOPへ

歯周病治療の相談

歯周病について 監修:すみとも歯科クリニック(世田谷区世田谷・上町駅の歯科医院)