ご予約・お問い合せ TEL:03-5799-6668

歯周病検査とは

歯周ポケットの測定、出血の有無、動揺度が主な歯周病の診査で、必要に応じ他の診査を加え 歯周病の状態を細かく検査します。

  • 歯周ポケットの測定、歯肉出血の有無
  • 動揺度
  • プラーク付着
  • レントゲン診査
  • 歯列模型
  • 口腔内写真
  • 位相差顕微鏡による細菌検査(保険外)

▲ページのTOPへ

歯周ポケットの測定とは

ポケットプローブと呼ばれる器具で1歯ずつ歯周ポケットの深さ・根面の歯石の付着状態をチェックします。

同時に歯肉の腫れ・出血の有無をチェックします。
歯肉の炎症や骨の吸収により、通常1~3mmのポケットが4mm以上に深くなっていると、歯根面の粗造、歯肉の出血が多くなります。

これらにより、プラークや歯石の存在と歯周病の重篤度の把握ができます。
初心時、治癒の途中や終了時、メンテナンス時に行い、歯周病の経過を観察できます。

▲ページのTOPへ

歯周病治療の相談

歯周病について 監修:すみとも歯科クリニック(世田谷区世田谷・上町駅の歯科医院)