ご予約・お問い合せ TEL:03-5799-6668

歯周病の進行

どうやって歯周病は進行するのでしょうか。
歯周病は、まず歯肉が炎症を起こす歯肉炎から始まります。歯肉に炎症が起きてはれると、歯と歯肉との間の溝(歯肉溝)が深くなります。これを歯周ポケットといいます。歯周ポケットにはプラーク (歯垢)がたまりやすく、かつ取り除きにくくなります。また、歯周ポケットの奥には酸素が届きにくいので、酸素を嫌う性質の歯周病菌(嫌気性菌)が繁殖しやすくなります。

歯肉炎を放置しておくと炎症が歯根膜や歯槽骨まて広がり、歯周炎と呼ばれる段階になります。さらに進行すると炎症によって歯槽骨が磨けていきます。そして、ついには支えを失った歯が抜け落ちてしまうのです。

歯周病の進行具合とその症状

カビが歯ぐきについて根を下ろし炎症を起します。

症状 : 口臭、ネバネバ感


炎症によって歯ぐきが腫れ、歯と歯ぐきの間の溝が汚れやすくなり、カビがさらに奥で炎症を起こします。

症状: 歯ぐきの赤み、時々出血する

歯と歯ぐきの間にポケットができます。歯周ポケットといいます。
ここに歯周病菌がたまり、炎症がひどくなり骨が溶けていきます。

症状 : 歯ぐきの炎症、時々腫れる、赤みの悪化。

歯周ポケットはさらに深くなり、たくさんの菌が溜まっていきます。

症状 : 歯ぐきを押すと膿が出る。

骨はさらに解け、歯周ポケットはさらに深くなり、さらに多くの菌が溜まってきます。

症状 : 口臭がさらに悪化、出血がひどい、歯が揺れる、
    噛むといたい膿が出る、歯ぐきがよく腫れる。

最後には歯の周りに骨がなくなってしまい、グラグラになり、抜かないといけなくなります。

症状 :歯が痛くて噛めない、歯ぐきが揺れて噛めない、

    歯ぐきがいつも腫れている。



さらに、歯周病は歯や歯周組織を失うばかりでなく、さまざまな全身疾患と密接に関係していることがわかっています。

▲トップに戻る

歯周病治療の相談

歯周病について 監修:すみとも歯科クリニック(世田谷区世田谷・上町駅の歯科医院)